子供 集中力 サプリ

子供,集中力,サプリ,高める,方法,発達障害

集中力を高めるサプリがあった!

 

小さなお子さんを子育て中のあなた、我が子の集中力のをもっと高めてあげたいと思ったことはありませんか?

 

私自身も、長男(9歳)と次男(7歳)の二人のワンパク男子を育てる専業主婦です。

 

ついこないだ次男も無事小学校に入学したのですが、気になることがひとつ。

 

それは次男の集中力が著しく低いということ。
悩んでいた時に、サプリが効くかもしれないと知りました。

 

集中力をアップさせるサプリメントだなんて、はじめのうちはどうなんだろうと半信半疑でしたが、幸運にもうちの子には合っていたみたいです。

 

一時期はどうなることかと思いましたが、次男は今元気に学校に通っています。

 

 

子供,集中力,サプリ,高める,方法,発達障害

集中力が続かない我が子をなんとかしてあげたくて

 

幼稚園の時分は、ちょっとぐらい落ち着きがないのも個性かなと思っていたんです。
男の子だし次男だし、人より少しだけ元気がいいだけかなと。

 

でも小学校に入って、先生から授業中にじっとしてられないことが多いと告げられ…。
長男のときは先生から連絡が入ることもなかったので、これはちょっと大変だと思いました。

 

昔から楽観主義の私は、他のママに比べてずいぶんのんびりしてる方だと自分でも思います。
できないことがあってもいい、得意なことが一つでもあればいい、が私のポリシー。
ただし他人に迷惑を掛けるのだけはダメ、と口酸っぱく教育してきました。

 

でも授業中じっとしてられないなんて、他の子の迷惑になってるんじゃないかって思ったんです。

 

いろいろ本腰を入れて調べてみると、どうやら次男には発達障害の気があるようで…。
正直、それを知ったときは目に前が真っ白になりました。

 

そんな時、戸惑っていろいろネット検索をしていたところで偶然見つけた「コドミン」の存在。
落ち着きのなかったお子さんが笑顔で学校に、の文字を見つけて飛び付きました。

 

子供,集中力,サプリ,高める,方法,発達障害

「コドミン」のおかげで集中力UP!

 

「コドミン」は集中力アップを補助してくれるサプリメント。
子供向けであることが最大の特徴で、病院・薬嫌いの次男にはぴったりの商品でした。

 

ブレインフードと呼ばれる「ホスファチジルセリン」配合!

 

あなたは、ブレインフードと呼ばれるホスファチジルセリンって知っていますか?

 

私は恥ずかしながら「コドミン」を購入する際に初めて知りました。(子供に食べさせるものですから、内容をしっかりと把握しておきたかったので調べました。)

 

ブレインフードとはその名のとおり、脳機能を良くする食べ物のこと。アメリカではホスファチジルセリンの効果はすでにおなじみで、既にサプリメントとして一般的なのだそう。

 

多くのスポーツ選手や頭をよく使う職業の方が、集中力を高める際にも、使われていて、その効果はよく知られているんです。

 

「コドミン」に含まれるホスファチジルセリンは、一粒100mg。

 

日本でも馴染みのある大豆にこのホスファチジルセリンは含まれているのですが、
残念ながら含有量がわずかしかなく、100mg摂取しようと思うと大豆を3.3Kg(大きな丼ぶりに山盛りの量!)も食べなければいけません。

 

いくら大豆が日本に馴染みのある食材だからといっても、これはさすがに大変です。

 

今まで私個人もサプリメントにはお世話になったことがなかったのですが、効率よく必要な成分を採るためにはサプリメントが最適なのかもしれませんね。

 

長期間、じっくり続けましょう

 

これは何事にも言えることかもしれませんが、効果はすぐに現れるものではありません。
うちの次男も「コドミン」を飲み始めて効いてきたのかな、と感じたのは3ヶ月を過ぎた頃でした。

 

ホスファチジルセリンの臨床結果なども調べてみたのですが、
どの試験も大抵2〜3ヶ月は接種を続けるみたいですね。

 

翌日に風邪がけろっと治るのとは訳が違うんですよね。
こればっかりは効かないからと親がイライラしても子供がかわいそうなので、
ゆっくり長い時間がかかるものとして取り組んでほしいなと思います。

 

お母さんがイライラしていては、お子さんも楽しくないですよ。

 

ちなみに「コドミン」の公式サイトの案内としては、最低でも3ヶ月の継続を推奨しています。目安は1日1〜2粒ですが、最初の1ヶ月は3粒に増量してもいいそう。

 

子供専用、ならでは!

 

前述した通り、「コドミン」は子供が飲むことを前提として作られたサプリメントです。
実はこの点が一番ありがたいんじゃないかなあと日々感じています。

 

ホスファチジルセリンのサプリメントは、実は既にもうあるんです。
それこそAmazonなどのショッピングサイトで探せば簡単に購入することができるでしょう。

 

ですがそれらは総じて大人向けで、見た目は病院でもらうお薬と何ら大差ありません。
いくら体に良いと言い聞かせても、薬嫌いの次男は強烈に拒否したことでしょう。

 

一方で「コドミン」にはそのような薬くささが全く無かったので、毎日続けることができたんだと思います。

 

みんな大好きなラムネ味

 

「コドミン」はサプリメントなのに、なんとラムネ味がするんです。
錠剤みたいな形でラムネ味、これってもうホントのラムネタブレットですよね。
次男にはちょっぴりお兄さんになれる薬だよと言って飲ませています。

 

本人はわかってるのかわかってないのか、それでも美味しいようで毎日欠かさずちゃんと飲みます。
病院で出される薬は頑として飲まない次男ですが、ラムネ味だとこうも変わるのか…。
楽しそうに飲んでくれているのでいつも助かっています。

 

ガリガリ食べる大きめサイズ

 

一般的なサプリメントと違い、「コドミン」は粒が少し大きめなのも特徴のひとつなんだそう。
粒が普通のサプリメントと同じだったらどうしても薬っぽさが出てしまいますし、
大きさによってはお水で飲み込むことも難しい場合があるでしょう。

 

でもコドミンはガリガリと噛み砕いて食べることが前提に、粒が少し大きめなんだそうです。
この発想には驚きました。

 

ガリガリ噛み砕くことで、よりお菓子を食べているような感覚になるのでしょう。
次男もこれが嬉しいようで、いつも楽しそうに食べています。

 

副作用の心配なし!

 

次男はちょっと肌に合わない塗り薬なんかを使うとすぐ赤くなっていました。
「コドミン」も大丈夫かなと少し心配したりしたのですが、問題ありませんでした。

 

そもそもサプリメントは食品という扱いなので、副作用が発生することもないようです。
公式サイトによると、他のサプリメントと併用しても問題ないそう。

 

もっとも「コドミン」自体、しっかりと認定を受けた国内工場で生産されているので
その辺りの心配もいらなさそうです。

 

子供,集中力,サプリ,高める,方法,発達障害

子供が楽しくサプリを飲むために

 

大人は特に何も気にせずに飲めるサプリメントですが、子供にとってはやっぱり抵抗があるもの。

 

子供が楽しくサプリメントを飲むためのコツがあるそうなので、我が家もそれを実践しています。

 

子供が好きな味を選ぶ

 

これは「コドミン」がラムネ味だったことが本当に幸いしました。
普段から次男は、お菓子をひとつ選んでいいよというと持ってくるのは必ずラムネ。

 

とはいえ、ラムネ味が嫌いなお子さんもそうそういないと思うので、
味が嫌いだから食べない!なんてことはよっぽどないでしょう。

 

飲むタイミングを決めさせる

 

いつ飲もうか、というルールを子供と一緒に決めることに効果があるんだそうです。
受動的ではなく能動的に行動させることで、自分のルーティンとして意識付けができるんだとか。

 

うちも最初に二人で決めました。
次男はお夕飯の時が言いといったので、いつも夕飯後に飲むようにしています。
サプリメントは薬と違って飲むタイミングを気にしなくていいのが楽ですね。

 

子供,集中力,サプリ,高める,方法,発達障害

コドミンは公式サイトがお得です

 

もはや我が家庭になくてはならない存在となってしまった「コドミン」。
私はいつも公式サイトから購入しています。

 

というのも、公式サイトの定期配送トクトクコースがとってもお得だから。
トクトクコース限定で、なんと7つもの特典があるんです。

 

1. 初回は89%OFF
2. 2〜4回目も3,000円OFF
3. 5回目以降は5,000円OFF
4. 送料無料
5. 決済手数料も無料
6. 定期周期は自由に変更可能
7. 60日間の返金保証あり

 

トクトクコースを申し込めば、通常価格8,980円のところ初回は980円(89%OFF)で購入することができるんです。
返金保証制度もあるので、万が一お子さんが飲んでくれなかった…というときも安心なのではないでしょうか。
定期便の周期が自由に変更できるのも嬉しいところです。

 

子供,集中力,サプリ,高める,方法,発達障害

小さなお子様のお受験対策にも

 

次男に「コドミン」を与えて、何事にも集中して取り組めるようになったと同時に、実はもうひとつ嬉しいことが。

 

次男が楽しそうに食べるのを見て羨ましくなったのか、長男まで「コドミン」を飲み始めるようになったんです。最初は長男も、ちょっと特別なお菓子程度にしか思っていなかったと思います。

 

でも途中で、これは勉強がたくさんできるようになるラムネだよって教えてあげたんです。
そうしたら、長男も自ら率先して毎日「コドミン」を飲み始めるようになりました。

 

まだ長男も低学年なので長時間勉強漬けというわけではないですが、それでも毎日割とたくさんの宿題が出ます。

 

長男は集中力がないというより、どちらかと飽き性なタイプ。
宿題をはじめてみても途中で放り出してしまうことが多かったんです。

 

ところが「コドミン」を飲み始めて集中力がアップしたのか、宿題も一気にきっかり終わらせるようになりました。

 

長男にまで飲ませようと思ていなかったんですが、これは嬉しい誤算。

 

そうそう、お隣に住むお子さんもちょうど中学受験だったのですが、
集中力が続かなくて…とお母さんが嘆いていたので「コドミン」を勧めてあげたんです。
そうしたらこちらのお子さんにも嬉しい効果があったみたいで!

 

ただのサプリメントと侮っていた部分もあったのですが、完全に裏切られましたね。

 

子供,集中力,サプリ,高める,方法,発達障害

最後に

 

次男が発達障害だと分かったときは、正直これからどうしようかと悩みましたが
「コドミン」を飲んで元気に学校に行くあの子を見ていると、そんなこと思っていたのが嘘のようです。

 

集中力なんてその子の特性であってなんとかなるものではないと思っていたので、
長男も次男もそろって「コドミン」で集中力がアップできるなんて本当に嬉しい!

 

すぐ走り回る次男にイライラすることも多かったのですが、最近は怒鳴ることもなくとても平和に楽しく過ごしています。

 

同じように悩んでいるお母さんは、コドミンをぜひ試してみてください。

 

 

 

子供,集中力,サプリ,高める,方法,発達障害

更新履歴